ユーザー車検について

ユーザー車検とは?実際の費用、手続きの流れ、普通の車検との違いなどを紹介!

更新日:

こちらのページを見ていただいた方ならユーザー車検とは「自分で手続きをする車検で、なんとなく費用が安くなるんじゃないか?」と思って調べているかと思います。

実際そのとおりで、ユーザー車検とは「ユーザー(車を乗る人)」が車検を受けることで、ガソリンスタンドや自動車整備場に依頼するよりも安くなります

ここでは「プロに依頼する場合との違い」「料金」「手続きの流れ」などについて説明していきます。

 

車検を依頼する場合との違い

ユーザー車検と理解する上でプロに依頼する場合と何が違うのか知るとわかりやすいです。

小型車の場合で、かなり大雑把にまとめるとこんな感じです。

ユーザー車検 プロに依頼
車検手続き 自分でやる すべておまかせ
費用概算 6万円弱〜8万円弱 7万円弱〜20万円
時間 半日〜1日 すべておまかせ
準備 ・予約
・書類準備
・書類準備
予備知識 必要 必要無し
事前点検 必要 必要無し

実際に自分でやってみてプロに依頼する場合と大きく違うと感じたのは、

  • 調べることが多い
  • やることが多い
  • 費用は安くなる
  • 検査に落ちる場合もある
  • 重大な見落としがあるかも

という感じでした。

調べること、やることは多いですが、一度自分で車検を受けてみて合格すると「こんなもんか」と思えるくらいの内容で、事前の準備をしっかりすれば誰でも合格できます。

費用に関しては後述しますが「安くなる!けど心配事もある」という感じです。

 

一番違うのは「車検に合格しない可能性もある」ということ。

お店に依頼すればプロなので、確実に車検に合格するように準備して必ず合格させて車が戻ってきますが、ユーザー車検の場合は自分ですべて自分でやらなければいけないので、書類の不備や整備不良などで不合格になる可能性もあります。

しっかり準備をすれば問題ないですし、不合格になっても再検査を申し込めるので問題ないのですが、内容によっては一度帰って再度検査を受けに行かなければいけないこともあるということを覚えておきましょう。

 

ユーザー車検の場合はプロに見てもらうわけではないので、重大な見落としが発生する可能性があるので、その辺りのリスクも考慮する必要があります。

とはいえ「車検」は自動車が走る上で大切な最低限の機能はチェックしてくれるので、走ればOKと思えるような買い替え予定の車なら問題ないかと思っています。

 

ユーザー車検の費用

我が家の車は1,500ccの日産キューブで、実際にユーザー車検でかかった金額はこちら。

費用一覧

必須

  • 自賠責保険 25,830円
  • 重量税 24,600円
  • 検査登録印紙 400円
  • 審査証印紙 1,300円

おまけ

  • 審査証印紙(2回目) 1,300円
  • ヘッドライト調整 1,300円

合計

  • 合計 54,730円

お店で見積もりを取ると10万円を超えることもザラなので「5万円!!やすっ!」と思うかもしれませんが、お店でおこなっているオイルや備品の交換などは一切かかっていないので、内容は違います。

当日の検査のときにヘッドライトの光軸で何度も不合格になったので「審査証印紙(1,300円)」と「ヘッドライト調整(1,300円)」がかかっていますが、スムーズに合格すれば合計は

  • 合計 52,130円

でした。

 

ユーザー車検の準備

ユーザー車検の準備は、

  • 検査の予約
  • 書類の準備
  • 車のチェック

が基本です。

予約はインターネットでアカウントを取得して希望の日時を指定するだけなので簡単です。

ただし、混雑して希望の日にちが取れない場合もあるので、余裕を持って計画を立てるのがおすすめ。

用意する書類は、

  • 車検証
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(旧)
  • 自動車納税証明書

の3点ですが「自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)」は、事前に保険屋で加入して書類をもらわなくても当日、車検の検査場の窓口でも入れるので問題ないです。

「納税証明書」を無くしてしまった場合には再発行の手続きを取りましょう。自動車の登録してある住所と違う場合は取り寄せに時間がかかるので注意が必要です。

 

書類以外にすることは、車のチェックです。

事前にやったことが良いことは、

  • 発煙筒のチェック
  • 足回り、車体下洗浄
  • ライトの点灯チェック
  • ウォッシャー液の補充
  • タイヤの溝チェック

当日確認されませんでしたが、発煙筒がない場合は事前に購入しておきましょう。

足回りは車検場でチェックするときに汚れていると検査のときに見えにくいので、洗車のときについでに汚れを落としておくと良いです。

ウォッシャー液がない場合は水でも良いので入れておきましょう。

タイヤの溝がツルッツルの場合は検査で不合格になることもあるのでチェックしておきましょう。

どれくらいなら大丈夫なのか判断できない場合は、車屋に行って「この溝の残りで車検は通るのか?」と聞くと教えてくれます。

 

ユーザー車検の流れ

ユーザー車検のスケジュールはこんな感じです。

  1. 【事前】書類の準備
  2. 【事前】車両のチェック
  3. 【事前】検査場の予約
  4. 【当日】書類の記入、提出
  5. 【当日】検査
  6. 【当日】合格
  7. 【当日】車検証をもらう

という感じで、早ければ半日で終わります。

ぼくの場合はヘッドライトの光軸がズレていて何度も再検査をしたのですが、それでも15時に終了しました。

-ユーザー車検について
-, ,

Copyright© ユーザー車検ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.