ユーザー車検の準備

ユーザー車検の持物

更新日:

ユーザー車検の当日に持っていった方が良いものはこちらです。

ユーザー車検の持物

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車納税証明書(場合によっては不要)
  • 24ヶ月定期点検整備記録簿(車検後行う場合は不要)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)※期限が切れるもの
  • お金(重量税・自賠責保険・印紙代など)

ここから一つずつ紹介していきます。

 

自動車検査証(車検証)

車検証と呼ばれるものです。

ディーラーやお店で車検を受けると、いろいろな書類を渡されますが、こちらが「車検証」と呼ばれるもので「車の検査に合格しましたよ」という証明書です。

こちらに書かれている「有効期限の満了する日」が車検の切れる日付で、その1ヶ月前から当日までの間に新しく車検を通して新しい「自動車検査済証(車検証)」を発行してもらいましょう。

ディーラーやお店で車検を受ける場合は、全部おまかせなので大丈夫ですが、自分でユーザー車検を受ける場合は、場合によっては再検査をすることもあるので、なるべく期間に余裕を持って受けにいくと良いです。

 

自動車納税証明書

自動車税は毎年4月1日に自動車を所有している(登録されている名義)人に課せられる税金です。

5月頃自宅に納付書が郵送されてきます。

以前は車検のときに必須だった「自動車税納税証明書」ですが、平成27年4月からは車検のときに条件を満たしていれば提出が省略できるようになりました。

その条件とは、

  • 車検が継続検査である(新車登録ではない)
  • 自動車税を滞納していない
  • 納税から2〜4週間程度経っていること
  • 軽自動車、自動二輪ではないこと
  • 納税した都道府県と同じ都道府県で車検を受ける

です。

詳細はこちらを確認してください。

>>ユーザー車検に自動車税納税証明書って必要?

ぼくは毎年コンビニや郵便局で支払いをしているので、通知の一番端にある短い紙が「自動車税納税証明書」になります。

最近はクレジットカードやペイジーなどでさらに簡単に支払いができるようになりましたが、その場合のレシートは「自動車税納税証明書」として使えないので、証明書がほしい場合はコンビニや金融機関などの窓口で支払いましょう。

無くしてしまった場合は再発行をする必要があります。

>>自動車税納税証明書の再発行の方法

 

24ヶ月定期点検整備記録簿(車検後行う場合は不要)

ディーラーや店舗で車検を受けると作成してもらえる自動車の点検や整備をした詳細な記録簿です。

通常は車検前に車を点検整備して「24ヶ月定期点検記録簿」を作成するのですが、ユーザー車検では事前に作成しない人も多く、車検を受けるときに「後で作成します」と答えれば大丈夫です。

 

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)※期限が切れるもの

車検を受けるときに必ず加入する保険が「自動車損害賠償責任保険」で、通称「自賠責(じばいせき)と呼ばれています。

ユーザー車検を受けるときには、車検満了日に期限が切れる「古い」証明書が必要です。

当日、「自賠責(旧)の証明書を渡す」→「自賠責(新)に加入する」という流れで、新しい自賠責保険に切り替えをします。

 

お金(重量税・自賠責保険・印紙代など)

自賠責保険や重量税などの諸々の費用を払うために現金を持っていく必要があります。

ちなみに1500ccの日産キューブでユーザー車検を通したときに当日支払ったお金は、

当日支払ったお金

  1. 自賠責保険   25,830円
  2. 重量税     24,600円
  3. 検査登録印紙  400円
  4. 審査証印紙   1,300円
  5. 審査証印紙(2回目)1,300円
  6. ヘッドライト調整 1,300円

合計「54,730円」

でした。

不合格もなくスムーズに合格すれば「5.審査証印紙(2回目)1,300円」「6.ヘッドライト調整 1,300円」が不要になるのでもう少し安くなります。

 

ユーザー車検であると便利な持物

必須の持物の他にユーザー車検のときにあったら便利なものを紹介します。

あると便利な持物

  • 筆記用具
  • 軍手
  • 工具
  • ボロ布
  • 予約番号のメモ
  • バインダー
  • 認印
  • ロックナットアダプター
  • ガムテープと目隠し用の紙

などですが、すべて持っていくと良いわけではなく「車によってはあると便利」というものもあります。

 

筆記用具

書類作成するときにあると便利です。

たぶんどこの運輸支局、自動車検査登録事務所にも書類を書くテーブルには筆記用具がありますが、自分で持っていくと、ちょっとしたメモに使ったりするのであると安心です。

 

軍手

IMG 4319

アルミホイールの場合は関係ないのですが、スチールホイールを使っている場合は、タイヤのナットの締め付け具合を確認してもらうためにホイールキャップを外す必要があります。

このときに軍手があると手が汚れないので便利。

 

工具

ホイールキャップを外すときにバールがあったので便利でした。

簡単に外せるように工具を持っていくと良いですが、家でホイールキャップを外してからユーザー車検を受けにいっても良いです。

スチールホイールで一度もホイールキャップを外したことが無い方は、当日検査時間もある中で作業をすると慌ててしまうので、一度事前に練習をしておくのがおすすめ。

 

ボロ布

オイル漏れが気になる方は、直前にさっと拭けるように汚れても良い布を持っていくと良いです。

他にも油がついて手が汚れたりしたときに汚れても良い布があると便利です。

 

予約番号のメモ

ユーザー車検を予約すると登録したメールアドレスに予約番号や時間などが記載されたメールが届きます。

スマホで確認できれば良いのですが、PCメールを利用していたり、スマホのバッテリーが心配な場合は予約番号や時間をメモしていくと安心です。

 

バインダー

A4サイズの書類が入るバインダーを準備しておくと、書類の整理に役立ちます。

 

認印

基本的にユーザー車検のときには印鑑は必要ありませんが、書類の訂正をするときなど、場合によってはあると便利です。

スタンプタイプのものではなくて、普通の認印を一つ入れておくと良いです。

 

ロックナットアダプター

高価なアルミホイールを装着している人の中には盗難防止のために「ロックナット」をつけている人がいると思います。

ロックナットを付けている場合は、ホイールなっとが特殊な形をしていて、適合したロックナットアダプターがないと外せないようになっているので、ユーザー車検のときには持参しましょう。

 

ガムテープと目隠し用の紙

最近の日本車はほとんどないと思いますが、外車の場合たまにハイビームと点灯させるとロービームも点灯してしまうものがあります。

車検にはヘッドライトの光の向きなどを確認する検査があります。

両方点灯してしまう場合は、ヘッドライト検査のときに手やカバンなどを使ってロービームを隠せば良いですが、面倒なので要らない紙とガムテープを持っていってロービームを目張りしておくと便利です。

 

検査場で揃うもの

こちらは検査場でもらえたり買ったりして揃うので、事前に準備しておく必要はないですが、知っておくと当日の動きがスムーズになるので、一応紹介しておきます。

検査場で揃うもの

  • 自動車損害賠償責任保険(新しいもの)
  • 自動車重量税納付書
  • 自動車検査票
  • 継続検査申請書

 

自動車損害賠償責任保険(新しいもの)

古い自賠責保険を窓口で提出すると、新しい自賠責保険に加入できます。

 

自動車重量税納付書

IMG 4313

重量税を払うと「重量税印紙」という形で、引き換えに印紙を渡されます。

それを窓口でもらえる「自動車重量税納付書」に貼り付けて提出します。

IMG 4316a

 

自動車検査票

IMG 4315a

「自動車検査票」は窓口でもらえるので、必要事項を記入して、当日購入した印紙を貼り付けて提出します。

記載する内容は「車検証」を見れば書ける内容です。

 

継続検査申請書

IMG 4308

「継続検査」というのは「1回目の新車を登録するときの車検ではない」ということです。

ユーザー車検の人は「継続検査」ですので、「継続検査申請書」を窓口で受け取って記入しましょう。

「車検証」の内容と「走行距離」が分かれば書ける書類です。

-ユーザー車検の準備
-

Copyright© ユーザー車検ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.