ユーザー車検の準備

ユーザー車検に必要な書類は?早めに準備した方が良いものはコレ!

更新日:

 

ユーザー車検に必要な書類

当日までに必要な書類

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車納税証明書(場合により不要)
  • 自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)
  • 24ヶ月定期点検整備記録簿(車検後に点検の場合は不要)

こちらは検査当日、現地で揃える書類です。

当日揃える書類

  • 自動車検査申請書
  • 継続検査申請書
  • 重量税納付書

ここからは一つずつ丁寧に説明していきます。

 

事前に準備する書類

事前に準備する書類は、ほとんど通常は手元にあるものばかりなので、簡単に揃うと思います。

ただし無くした場合は再発行できるので、早めに書類があるか確認しておきましょう。

自動車検査証(車検証)

いわゆる「車検証」というもので、2年に一度の検査の合格した証明書です。

「有効期限の満了する日」と書かれた日付が車検の有効期限になるので、その1ヶ月前から当日までの間に新たに検査を受けて新しい「自動車検査済証」をもらいます。

無くしてしまった場合は再発行する必要があります。

 

自動車税納税証明書(場合によって不要)

自動車税は毎年4月1日に自動車を所有している(登録されている名義)人に課せられる税金です。

5月頃自宅に納付書が郵送されてきます。

以前は車検のときに必須だった「自動車税納税証明書」ですが、平成27年4月からは車検のときに条件を満たしていれば提出が省略できるようになりました。

その条件とは、

  • 車検が継続検査である(新車登録ではない)
  • 自動車税を滞納していない
  • 納税から2〜4週間程度経っていること
  • 軽自動車、自動二輪ではないこと
  • 納税した都道府県と同じ都道府県で車検を受ける

です。

詳細はこちらを確認してください。

>>ユーザー車検に自動車税納税証明書って必要?

ぼくは毎年コンビニや郵便局で支払いをしているので、通知の一番端にある短い紙が「自動車税納税証明書」になります。

最近はクレジットカードやペイジーなどでさらに簡単に支払いができるようになりました。

無くしてしまった場合は再発行をする必要があります。

>>自動車税納税証明書の再発行の方法

 

自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険)※旧

通称「じばいせき」と呼ばれる「自動車損害賠償責任保険証明書」です。

公道を走る車には必ず加入が義務付けられている保険です。

車検満了日までの「旧」の証明書が必要になります。

車検を受けるために必要な新しい自賠責保険に関しては、事前に保険会社で加入しても良いですが、どこで加入しても同じなのでユーザー車検を受ける当日に車検場や運輸支局内にある「陸運協会」で加入すると便利です。

旧い自賠責保険を渡すと、手続きをしてくれて新しい自賠責保険に加入できます。

 

24ヶ月定期点検整備記録簿(車検後に点検の場合は不要)

ユーザー車検を受ける前や後に自動車の点検整備をして「点検整備記録簿」というものを作成します。

ユーザー車検を受ける後に作成する場合は、当日車検場で聞かれたときに「後で作成します」と答えれば大丈夫です。

 

 

当日、現地で用意する書類

ここからは、当日ユーザー車検を受けるときに現地で記入して用意する書類です。

基本的に窓口で教えてもらえるので「こんな書類があるのか」程度で認識しておくと良いです。

自動車検査申請書

現地に見本があるので、手元に車検証などを用意しておけば簡単に記入できます。

車検を受けるための申込書になります。

「走行距離」を記入する項目があるので、メモしておくとスムーズです。

記入が完了したら、別の場所に移動して印紙を購入して貼り付けます。

 

継続検査申請書

新車で初めての車検じゃない場合は「継続検査申請書」が必要になります。

こちらも車検証と車検場にある見本を見れば簡単に記入できる内容です。

 

重量税納付書

重量税の納付用の申請書類です。

こちらも車検証があれば簡単に記入できる内容です。

 

 

 

-ユーザー車検の準備
-,

Copyright© ユーザー車検ナビ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.